太陽光発電プロジェクトの大部分は、電力購入契約(PPA)を含むサードパーティの資金調達ソリューションを介して開発されており、この資金調達構造が太陽光調達の主要な方法となっています。 しかし、それはどのように機能し、組織に適していますか? この記事では、PPAとその仕組みを紹介します。

PPAとは何ですか?

PPAは、太陽エネルギー開発者と電力顧客との間の契約上の取り決めです。 PPAの下で、太陽エネルギー開発者は、指定された期間(通常は20年)の間、顧客の太陽エネルギープロジェクトを設計、許可、資金調達、設置、および維持することに同意します。

開発者は、プロジェクトが顧客に生成するエネルギーをキロワット時(kWh)で、通常は現地の公益事業の小売料金よりも低い固定料金で販売します。 一部のPPAは、年間エスカレーターなしで「フラット」価格を提供しますが、他のPPAは年間エスカレーターを含みます。 開発者は、システムによって生成される税額控除やその他のインセンティブに加えて、PPAからの収益を使用して、開発とインストールの初期コストを回収します。 お客様は、オンサイトのソーラープロジェクト(屋根、天蓋、または地上システム)とオフサイトのプロジェクト(コミュニティソーラー、仮想ネットメータリング、または卸売電力)の両方についてPPAを締結できます。

PPA契約期間の終了時に、顧客はPPAを延長するか、開発者にシステムを削除させるか、公正な市場価格で開発者から太陽エネルギープロジェクトを購入することができます。

メリットは何ですか?

  • 顧客の初期費用なし: 太陽エネルギー開発者は、すべての許可、エンジニアリング、建設、およびメンテナンスを含む、プロジェクトの開発に関連するすべての資本コストを賄います。
  • 税制上の優遇措置を活用する: 自治体や学区などの公共団体が太陽エネルギーシステムの購入を決定した場合、その団体は、30パーセントの連邦投資税額控除を取得するための納税義務を負いません。 PPAの下では、ソーラー開発者は税制エクイティファイナンスを使用してこれらのインセンティブを活用し、より低いPPAレートの形で顧客に提供します。
  • 調整されたインセンティブを伴うパフォーマンスベースの契約: PPAの下では、顧客は契約期間中にソーラー施設が発電した電力に対してのみ支払います。 顧客は実際の生産に対して支払いを行うため、ソーラー開発者はシステムを稼働し続けるように奨励され、契約期間全体にわたって信頼性の高い電力を生産します。
  • 長期的な電気価格の確実性: PPAは、予測可能な一定の電気料金を提供します。 PPAは、不安定な公共料金に対する貴重なヘッジ手段にもなります。
  • 含まれる操作とメンテナンス: ほとんどのPPAには、契約期間中の24時間監視、予防クリーニング、メンテナンス、およびすべての修理と保証の補償が含まれます。 これらの費用はPPAレートに含まれています。

ユーザーフロウ

下のグラフは、PPAを通じて調達した太陽エネルギーが電気料金にどのように影響するかを示しています。 太陽光発電の前に、電気料金全体を地元の公益事業者(または小売業者)に支払います。 太陽エネルギーの後、あなたはまだ小さな公共料金を支払います。 現在のエネルギー費用には、太陽エネルギー生産に対するPPA支払いが含まれています。 これらの2つの法案の合計は、太陽光発電を導入する前の総コストよりも少なく、コストを節約できます。

先行投資なしでOPEXを削減


施設の評価

ForeFront Powerには、オンサイトおよびオフサイトのオプションの評価を支援する太陽エネルギーの専門家のチームがあり、費用の節約とサステナビリティの目標の達成を支援します。 幸いなことに、サイトの評価とカスタマイズされた提案は無料です。