カリフォルニア州での太陽光発電とエネルギー貯蔵の採用はこれまでになく簡単です。


公共料金削減のための学校プロジェクト(SPURR)は、カリフォルニアの公共部門による公共料金の管理と削減を支援することに力を注いでいる共同の権威機関です。

ForeFront Powerは、SPURRのRenewable Energy Aggregated Procurement(REAP)Programの競争力のあるRFPの勝者であり、カリフォルニアの学校、大学、公的機関が調達とエネルギーコストの時間とお金を節約できるようにします。

REAPプログラムは、事前に交渉された契約、業界をリードする価格設定、標準化された条件を提供します。

カリフォルニア州のすべての公的機関が恩恵を受けることができます。


前払い費用や債券ファンドの使用はありません

合理化された調達プロセス

20年間の事前交渉されたPPA固定料金

標準化された契約条件

信頼できる経験


2015以来、SPURR Renewable Energy Aggregated Procurement(REAP)プログラムとForeFront Powerチームは、20の学区と自治体で、50以上のサイトで100 MW以上のクリーンな太陽光発電の調達を支援しています。

「私たちは、非常に多くの学校、自治体、郡事務所が調達プロセスを使用することで時間、労力、およびお金を節約していることに興奮しています。 SPURRは、明確で公正かつ競争力のある調達条件を提供して、調達を容易にするよう努めています。」

– SPURRのマネージングディレクター、マイケル・ロックマン。


もっと学ぶことに興味がありますか?

私たちのソリューションがどのようにあなたに合っているかを議論したいと思います。 太陽エネルギーの専門家に今すぐお問い合わせください: