三井物産株式会社(「三井物産」、本社:東京、代表取締役社長:安永達男)は、分散型太陽光発電の開発と運用を専門とするサンエジソンの商業および産業(C&I)部門を買収しました。主要な資産と従業員は、三井物産が完全に所有する新会社Forefront Power LLCの一部となります。 三井物産は、分散型太陽光発電に加えて、Forefront Powerのサービスを拡大して、C&Iのお客様向けのさまざまなエネルギー管理サービスを提供したいと考えています。

三井物産は、分散型太陽光発電を、環境、社会、およびコーポレートガバナンス(ESG)に重点を置く社会の重要な成長分野であり、グリッドの復元力を高める必要があると考えています。 政府のインセンティブと継続的なPVモジュール価格の下落も、業界の原動力となっています。

SunEdisonのC&I部門は、10年以上にわたり商業および産業用太陽光発電開発の最前線にあり、800メガワット以上の開発実績を持つC&I分散型太陽光発電の業界リーダーとして世界的に認められています。 三井物産は、Forefront Powerが三井物産のグローバルネットワークを活用して国内外の業界リーダーとしての地位を固めるだけでなく、太陽光発電、貯蔵、需要を組み合わせたエネルギー管理サービスを提供することで付加価値の創造を追求します応答など。 近年、三井物産は新しい革新的な電力事業で活動を強化しており、三井物産は、Forefront PowerがC&I顧客の多様なニーズを満たす幅広いサービスを提供するためのプラットフォームとして機能することを想定しています。

現在、三井物産は独立電力プロデューサー(IPP)として、世界中でおよそ11GWの発電資産を所有しています(持分ごとに計算)。 再生可能エネルギーの成長と分散型エネルギー資源の普及により業界の状況が変化する中、三井はこれらのトレンドに沿ってより多くのビジネスを発展させながら、IPP分野での成長を追求し続けたいと考えています。

ForeFront Powerのプロファイル

会社の名前Forefront Power LLC
本社米国カリフォルニア州サンフランシスコ
最高経営責任者(CEO)ラファエル・ドブジンスキー
所有権三井物産(完全所有)
主な活動太陽光発電プロジェクトの開発と運営

通知

この発表には、将来の見通しに関する記述が含まれています。 これらの将来の見通しに関する記述は、現在保有している情報に照らした三井物産の現在の仮定、期待、信念に基づいており、既知および未知のリスク、不確実性、およびその他の要因を伴います。 このようなリスク、不確実性、およびその他の要因により、三井物産の実際の結果、財政状態またはキャッシュフローは、これらの将来見通しに関する記述によって表明または暗示される将来の結果、財政状態またはキャッシュフローと大きく異なる場合があります。 上記のこれらのリスク、不確実性、およびその他の要因には、三井物産の最新の年次有価証券報告書および四半期有価証券報告書に含まれるリスクが含まれますが、これらに限定されず、三井物産は将来の見通しに関する記述を更新または改訂する義務を負いません。 この発表は、上記の特定の事実を公表するために公表されたものであり、当社が発行した株式、債券またはその他の証券に関する投資の誘引または日本国内または海外での同様の行為を構成するものではありません。